AdWordsの新管理画面を使おう<旧管理画面はもうすぐ使えなくなる>

OOK161103346_TP_V
スポンサーリンク

2017年の10月にGoogle AdWordsの新管理画面がすべてのアカウントで使用できるようになりましたね!
ただ慣れてる旧管理画面に切り替えて使用している方も多いのが現状ではないでしょうか。
「今までの画面の方がデータを落としやすい」「この分析はどこからできるの?」そんな声がチラホラ聞こえてきますね…

そんな方には悲しいお知らせです。Google AdWordsの旧管理画面、使えなくなります。
Googleが正式発表しているわけではないので公には言えないのですが(コロコロ日付が変わったりしますし)、完全切替の日程は確定しているみたいです。

なのでどんなに嫌でも、旧管理画面が恋しくても、いつか来る別れの時に向けて準備をしなくてはいけません…

新UI、新管理画面の見方/タブ編(左から1つ目)

新管理画面

新管理画面

ここで選択されたものがメイン箇所に表示されます。
旧管理画面ではなかった検索広告のみ、ディスプレイ広告が新たに設置されております。
ここは優良改善かと!

新UI、新管理画面の見方/タブ編(左から2つ目)

ここは旧管理画面の<キャンペーン、広告グループ、広告等>を選択していたタブが縦に設置されています。

概要タブ

画面を開いて最初はアカウント全体の状況を確認できます。
画面一番左の分類ごとに選択することで細かい単位の概要も表示させることが可能です。

最適化

ここは今までもありましたが、同線が強化されました。

キャンペーン

旧管理画面の最初に開かれていたページのようにキャンペーン単位の分析が可能です。
キャンペーン単位のオーディエンス分析もこのタブ内に用意されています。

広告グループ

広告グループ単位での分析が可能です。
広告グループ単位のオーディエンス分析もこのタブ内に用意されています。

広告と広告表示オプション

広告の一覧表示。
メイン箇所内で広告表示オプション、広告表示オプション(自動)が表示されます。

ランディング ページ

ランディングページの分析が可能です。
キャンペーン、広告グループの表示項目が固定の為細かく表示されてしまう仕様。
できれば合算でも見れる仕様にしてほしかった。
(hagakureを意識したキャンペーン構成であればこの単位の分析で十分だが、昔から主流とされていた構成だと合算値で見ないと難しい場合が多い…)

キーワード

旧管理画面のキーワードと同様にキーワード単位での数値分析が可能
除外キーワード、検索クエリもこの画面内の分析が可能
ディスプレイ(動画)広告で設定しているキーワードも「ディスプレイ/」

オーディエンス

リマケやRLSAで設定しているオーディエンス設定の分析が可能。
また除外設定に関してもこのタブから分析が可能です。

ユーザー属性

設定している<年齢、性別、子供の有無、世帯年収、組み合わせ分析、除外設定>の確認が可能。

トピック

ディスプレイで設定しているトピックの分析が可能。

プレースメント

<プレースメント、広告が表示された場所、除外設定>の分析が可能

設定

すべてのキャンペーンを選択していれば<キャンペーン設定、アカウント設定>の確認が可能
キャンペーンを選択していれば<キャンペーンの設定詳細>の確認が可能
広告グループを選択していれば<広告グループの設定詳細>の確認が可能

地域

<地域設定、除外設定、地域別レポート、ユーザー地域レポート>の確認が可能。

広告のスケジュール

<広告のスケジュール、曜日と時間、日、時間>の確認が可能。

デバイス

キャンペーン単位、広告グループ単位でデバイスごとの分析が可能

高度な入札単価調整

<インタラクション、上位のコンテンツ>の確認が可能

変更履歴

<変更履歴>の確認が可能

下書きとテスト

下書き機能を使うと、キャンペーンに複数の変更案を作成することが可能です。
下書きを使ってテストを実施することも可能です。
この機能を利用してABテストを効率的に実施することが可能となります。

新UI、新管理画面の見方/メイン部分

選択しているタグごとに微妙な違いはありますが、おおむね同じ項目なのでキャンペーンタブの情報で。

メイン画面フィルタ

メイン画面フィルタ

虫眼鏡マーク

検索窓です。

フィルタ

旧管理画面と同様、フィルタをかけて分析することが可能です。

分類して表示

時間やコンバージョン単位で掛け合わせて分析することが可能です。

表示項目の変更

旧管理画面と同様、表示項目を編集することが可能です。
また設定を保存することも可能です。
こちらの保存に関してはユーザー単位での保存となるため、新規のアカウント等は新たに設定する必要があります。
ここら辺は旧管理画面と同様ですね。

ダウンロード

指定した項目でダウンロードすることが可能です。
ただし旧管理画面のようにフィルタをかけてダウンロードするためには<その他のオプション>からフィルタ掛けを行う必要があります。

その他オプション

<グラフを表示、貼り付け、自動化ルール作成、アップロード>が可能です。

最後に

新管理画面は慣れれば今まで以上に作業を効率化できるかと思います。
そして慣れることもそんなに難しくないかなと思います。
ただ代理店さんは激務な方が多いのでその時間さえも取れないことがしばしば…

旧管理画面が使えなくなってしまう前に、何としても新管理画面に慣れておきましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

現役でWEB会社に勤め、WEBアナリスト、リスティング広告運用コンサルタントとして働く身。自社の話、自社のオススメしたりはしません。なので、中立の立場で何でも言えます!WEB会社の裏側までお話しできるかと思います。